国際協力を身近に!チャリティイベントを企画する学生団体YELL


この記事の所要時間: 150

『国際協力を身近に』学生団体YELL

学生団体YELLは「国際協力を身近に」という理念のもと、国内でチャリティイベントを企画・運営しております。

その収益でNPO法人を通して毎年フィリピンへの支援を行っている団体です。

現在は、15大学35名ほどで活動しており、週一回MTGを行い、イベントや国際協力について話し合っています。 団体の組織構造としては、代表、副代表の他に運営部門、広報部門、教育部門という3つの部門を設けて活動しています。

その中でも教育部門は、フィリピンの知識を団体内外問わず発信していく部門です。

また、フィリピンでは孤児院の自立支援を行っていることから日本の子どもたちとも触れ合う機会を作るため、児童館を訪問しています。

これまでYELLが行った主なイベントは、他団体交流フットサル、国際協力ディスカッション(こねトーク)、写真展、そして、個人参加型チャリティフットサル大会(WORLD CONNECT CHANCE)があります。

YELLは一人でも多くの方に“国際協力を身近”に感じてもらえるようなイベントを主催しています。

また、毎年メンバーで実際に支援地域を訪れて、現地の様子を自分の目で見て、感じ、より現地のニーズに合った国際協力を目指しています。

YELLの支援の特徴は、1年間毎に支援内容をメンバーで話し合い決定して、活動していきます。学生が国際協力する上で注意することは、必ずしも団体が常に同じ動きができないとこにあります。メンバーや活動が変わっていくのが学生団体であることからこそ、途中で支援ができなくなる状態にも対応できるように一年間で達成できる支援内容を定めています。

学生団体YELLは、国際協力というお互い様精神を持って「日本の笑顔をフィリピンへ。フィリピンの子どもたちの笑顔を日本へ」届けられるように、これからも「国際協力を身近に」という理念のもと日々精進していきます。

YELLに少しでも興味のある方は、気軽にイベント参加や連絡をして下さい。YELL一同、このサイトを見ている方にお会いできる日を楽しみにしています!

団体データ

FacebookTwitterFacebook

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。
Posted in コミュニティ紹介記事.