面接でよく聞かれる「逆質問」を恋愛に例えてみた。のエントリーです。


この記事の所要時間: 339

就活コミュニティの中の人、オカです。

「それでは最後に質問はありませんか?」
就活生のみなさんは選考を受けていて、このようなシーンはありませんでしたか?

今回は就活生であれば誰でも遭遇する「逆質問」の意図とその重要性について、
みなさんに分かりやすく理解してもらうために、恋愛に例えて書きたいと思います。

就活って恋愛に例えるとスッと納得してくれる学生も多いんですよねー笑

 

そもそも逆質問の意図とは…?

それではそもそも企業側が、逆質問を行う理由はなんなのか?
私は大きく2つの理由があると思います。

1つは就活生の疑問に答えることで、
企業に対する疑問を明確にすることでマッチングをなくし、志望度を上げること。

そして2つ目は選考の一環として就活生を選別することです。

逆質問からその企業に対する本気度が伝わったり、
会社をどの切り口から見ているかどうか(視点や目標設定の高さ)
など逆質問からも面接官はたくさんのことを読み取り、みなさんを選考しているのです。

逆質問で落ちるなんて想像もしていないかもしれませんが、
選考の一環として含まれているので確実に見られていますよ!

 

「逆質問」 恋愛に例えてみると…

うーん、それでもイマイチわかんない…
そんなあなたのために、今回は恋愛に例えて解説してみます。

 

例えばこんな質問。

「貴社の給与や福利厚生についてお伺いしたいんですが…」

確かに給与や福利厚生って重要だし、気になるかもしれませんが、
これによって面接官がどんな印象を受けると思いますか?

例えばこの質問、恋愛に例えてみると、

「年収とか貯金ってどのくらいあるんですか…?」 

これあなたが聞かれたらどう思いますか?明らかにおかしいですよね。
年収とか貯金とか、お金がほしいだけじゃん!って思っちゃいますよね。

待遇のことは確かに大切なことではあるけど、
まだ内定ももらえていないわけですし、直接は聞かずに調べる方がいいです。

 

次にこんな質問はどうでしょう。

「私は貴社の○○について、もっと○○すればいいとおもうのですがどうお考えですか?」

自分が就活していた時もこんな質問(というか意見だろおいw)をしてる人いました。

でもこれも恋愛に例えてみたら、

「君がもっと○○したりすれば、もっといい女になると思うんだけどなぁ…」

知らねーよ、ばーかって感じですね。笑
こんな上から目線の人と付き合いたいと思いますか?
採用側に一緒に働きたくない…と思わせてしまったらその時点で終わりですね。笑

 

最後にこんな質問。

「・・・特にありません」

もはや質問にもなっていません。
これ恋愛に例えたら告白しておいて、無言でいることですからね。

既に相手との関係性が深まっていればいいかもしれませんが、
質問の1つもないと「本当に私のこと好きなのかなぁ…」って思われても仕方ありませんよね。

本気で入社したいと思ったらたくさん調べたり、入社後にしたいことを考えたりして、
疑問に思ったこととか、知りたいことってもっと具体的に出てくると思うんですよね。
質問からあなたの本気度や物事に対する姿勢が伝わってしまうんです。

 

「モテる人ほど内定がたくさんもらえる。」はホント??

“モテる人ほど内定もたくさんもらえる。”

なんて都市伝説もありますが、私はモテないからって落ちるわけじゃないけど、
異性にモテル人のほうが内定も獲得しやすい傾向がある気がしています。

その理由は、モテる人に共通する2つの要素を兼ね備えているから。

 1. 相手の立場になって考えることができ、人の気持ちが分かること。
 2. 自分の意志(will)を持っていること。

つまり聞きたいことを聞くのが大前提ではあるけど、
相手の立場になって、その場に適した質問をすることが大切なのです。

そして結論として、就活の逆質問に重要なのは、
具体的であり、かつ意図のある質問であるということです。

 

じゃあモテる男になって内定もとっちゃおうぜ!

せっかくなら、ただ内定をもらうだけじゃなくて、
モテる男になって、彼女もつくっちゃおうぜって、そう思いませんか?笑

GARAGE就活コミュニティでは、毎週月曜日に活動しています。

ES添削や面接対策をしてほしいぜ!って人はもちろん、
モテる男になりてぇぜ!みたいな人のエントリーもお待ちしております!

Posted in 就活生向け記事.