自分で変えたら自分が変わった。学生インタビュー:岡寿和

Pocket

この記事の所要時間: 833

笑顔がさわやかな岡くんは、慶應義塾大学の環境情報学部4年生。男女問わず、人と話すことが好きなんだそう。

岡くんの印象は誰しもが口を揃えて「いい人!というくらい人柄のいい持ち主。初めてなのに、まるで昔からの知り合いのように話せてしまう、笑顔が爽やかでとても律儀な好青年。

そんな誰とでも仲良くなるのが上手な岡くんは、2年生の春休みに1ヶ月間、東南アジアにバックパッカーで初海外したんだそう。初海外が1人ってすごいっ!その心意気を聞いてみた。

自分で変えたら自分が変わった。

人と話す。友達になる。が得意です。

どうしようって、考える前に航空券買っちゃいました!

そしたらもう行くしかないじゃないですか(笑)

それに、目的なくただ旅行を楽しむだけではつまんないと思い、100人友達をつくって写真を撮る!という目標を掲げていったのだそう。そんなバックパッカーな旅行中の印象に残っているエピソードを聞いてみた。

現地で意気投合した男性とカフェバーに行ったんです。

そこで同じクロークに荷物を入れて、中で一緒にすごい盛り上がってました!少ししたら、突然、その人が帰ると言い出して、荷物持ってきてあげるよ!と言われたんで、すっかり安心して待ってました。

でも、待っても待っても戻ってこない。クロークに行っても彼の姿は当然ない・・。持ちもの全部が入ってた荷物なので、もう完全に終わったと思いましたよね。でも、そんなときに、一緒にいた人が心配してくれて、現地のパトカーを動かしてくれたんです。

本当に奇跡的に荷物が手元に戻って・・・。更に助けてくれた友達は、僕を家に何泊か泊めさせてくれたんです!

そんな恩人ともいえる友達とは、今でも頻繁に連絡をとってる友達なんだそう。無事で何よりです(〃uдu)-зホッ

行動なくして変化なし。

そんなエピソードもある、アクティブな印象の岡くんなんですが、過去には受け身な生活を過ごした頃もあったという。

うちのキャンパスは1年生の時からやりたいことが決まっていて、それに向けて行動している学生、主体的に行動している学生が多いんです。

そんな中でやりたいことや目標が見出せなかったことが当時は挫折だと思ってました。

周りに、「人柄がいい!と言われる岡くんは、いつでも明るく悩みがなさそうに見えるが、 岡くん自身、目標がぼんやりしていることや、やりたいことが見つからないという現状にとても悩んでいたという。

1番影響を受けたのは当時付き合っていた彼女。

とても優秀、かつやりたいことを見つけるために行動していて…純粋に同じ大学生として尊敬しました。と同時に負けたくないなって。だからといって、すぐにやりたいことが見つかる訳ではない。

なんでだろうって、その根本を追及して考えたときに、今まで与えられたことしかなくて、自分から何かアクションを起こしたことないなって気づいたんです。

待ってても変わらないなって。そこから”行動なくして変化なし”っていう軸を自分で掲げて、なにか思い立ったらすぐ行動することを心がけました。

その第一歩として、プログラミングに興味があったこともあり、ネットで見つけた千葉さんのプログラミング講座に参加したんだそう。

今思えばそれがターニングポイントだったかなって思います。

後々、GARAGEに参加するきっかけになった佐藤さんとも出会ったし、なによりその講座には、今まで自分が知っていた働くことにネガティブな社会人とは違い、主体的に働いていて、目をキラキラさせて楽しそうに自分の仕事について話している社会人の方が沢山いたんですよね!

主体的に行動したことで今までに出会えなかったような大人、また経験をすることができて純粋にワクワクしました。自分の知らない世界ってまだまだたくさんあるんだなって。

そこで、「自分もこうなりたい、こういう働き方をしたい!という最初の目標が出来ました。

動くしかない状況を創り出して、自分を創る。

「そもそも働くとはなんだろう?という答えを見つけるため、その講座で紹介して貰ったインターンがあって、即座に「やってみます!!の精神で始めた。2年生の夏から始めたインターンは、ベンチャー企業の営業やエンジニアのインターン、またサマーインターンだけでも6つも経験したという。

インターン先はベンチャー企業でした。営業やエンジニア体験は、与えられるものはなくて、本当に自分から行動したり考えないとなにもできない状況。営業でいうと、最初は全然アポイントがとれなかったし、エンジニアでいうと、プログラミングの基礎知識はあるけど、ぜんぜんわかる訳ないじゃん!って状況。

でもやるしかなかったんですね。で、割り切って、もうやってみよう!って繰り返し続けてみたら、アポイントも少しづつとれるようになってきて。結果も出るようになってクライアントの会社の売上が上がった、という話を聞いてすごく充実感を得ました!

無意味=プライド。大切=素直さ

では、好きなことをやってきたインターンを経て、自分自身、なにか変わったことはあるか聞いてみた。

そうですね。余計なプライドがなくなりました。余計なプライドというのは、んー、例えば就活で困ったことがあっても同世代には言いにくいというような壁。

でもインターンをはじめいろいろな活動をして、年齢や大学関係なく、自分より魅力的に思う学生に何人も出会ったりして、余計なプライドを持っているのはマイナスでしかないなーって気づいたんですよね。

それは、GARAGEにおいても同じなんだという。素直になれるようになったきっかけはGARAGEの環境にもあったと言う。

GARAGEは社会人や学生隔てなく、困ったときに素直に助け舟を出しあえる場所なんです。

にっぺに思い切って、自分の悩みを打ち開けたら、すごく丁寧に相談に乗ってくれて、解決策も一緒に考えてくれました。それから分からないことを素直に聞けるようになったし、なんか今ではすごい感謝しています。逆に頼られるって言うのも案外嬉しいってことも教えてくれましたしね。

にっぺとは仲がいいだけでなく、自分の弱みも話せるし、困った時は素直に教えてほしいって伝えることができる。でもライバルでもある。そんな素直になれるし、お互い言いたいことも言い合えるような、切磋琢磨しあえるいい関係なんだという。

私、新井もGARAGEの印象ってみんなの強み、弱みを共有してみんなで成長できる場所だと思います!

岡くんがGARAGEと関わりはじめたのは、3年生の夏ごろ。

にっぺや佐藤さんに誘われて、最初はカフェ替わりって感覚で使わせてもらってました。でもそこで、辻井さんや助田さんっていう、また自分にとって魅力的な社会人、なりたい社会人の方々に出会えて気づいたら通うようになってました。笑

辻井さんや助田さんは、父親のような存在だという。私も父親のように慕っています!(笑) そんな岡くんの今後の活動について聞いてみた。

残り1年間しかない学生生活は、辻井さんと金森さんの就活支援事業にコミットするつもりです。

自分が就活生だった時に、辻井さんに教わったことを伝えていきたい。「何をするも大切だけど、「誰とするも同じくらい大切だと思っていて、辻井さんたちと一緒に活動したい!と思っていたから、誘ってもらえて本当に嬉しかったです。

「ラッキー=運がいいじゃない!

そんな今の環境を、周りの人に「ラッキーだねと言われることが多いんだそう。

ラッキー=偶然って思われがちだけど、ラッキーは自分で掴むものじゃないかなーと思うようになりました。

いろんな活動をしていて思ったのは、学生社会人問わず、やりたいことを実現して楽しそうな人って、陰で努力していたり、必ず勇気を出して一歩を踏み出したりしていて。だからみんなラッキーになるべくしてなっているんだなって。

自分も、GARAGEで大好きな仲間とやりたいことができて、今恵まれた環境にいられるのも、千葉さんのプログラミング講座に参加した、というほんの少しの勇気を出したことから全てが始まったんだと思っています。あの時、一歩を踏み出して本当によかったです!

ほんの少しの勇気から人生が変わっていったという岡くん。さて、どんな社会人になりたいのだろう?

人にキッカケを与えられる人になりたいです。特に仕事っていう切り口でキッカケを与えたいと思っています。

仕事って人生の大部分を占めてるし、だからこそ仕事が有意義なのか、そうでないかによって人生がプラスにもマイナスにも変わると思うんですよね。

自分は身の回りの社会人の方々に出会って変われたけど、実際に自分の周りをみてもやっぱり仕事=ネガティブなものという印象は強い。それを変えていきたいです。

GARAGEでは就活支援事業だけでなく、自分自身でも新しいことを始めたいんだそう。

主体的になりたいけど一歩踏み出せない人の気持ちも、過去の僕からすればすごく共感できるし、何かをはじめることって最初の一歩はなかなか難しい。

他人の期待に応えられないことを恐れてしまって、断ってしまう気持ちもすごく分かります。でもやってみないと分からないし、やらないと何も変わらないんです。

そんな気持ちがわかるからこそ、一歩踏み出せない人の力になりたいし、GARAGEに巻き込んでいきたい。

その結果、お前に出会えて変わったよ!って言われたら超うれしくないですか?

だから働くという切り口で学生に、「働く=ネガティブじゃないんだよ、ポジティブにもなるんだよという新しい認識を与えていきたいです。絶対人生がより豊かになると思うから。

 

「GARAGEの人たらし」と言われているくらい、本当にみんなから好かれまくっている岡くん。

GARAGEに来るたびに「こんにちは!、帰り際には「お先に失礼します!と元気よく挨拶をする、本当に律義な性格なんです。その人柄の良さでGARAGEに学生をどんどん巻き込んでいって、彼らの変化をどんどん促していってほしいです♪

次回は、岡くんの人柄を一枚の画像にしてくれた、デジタルハリウッド大学3年の永光彩さんです。お楽しみに^^

インタビュー:新井 彩香(2013年 4月)

岡寿和
慶應義塾大学 環境情報学部
https://www.facebook.com/toshikazu.oka

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。
Posted in インタビュー記事.